CATEGORY寒づくり熟成ざるうどん

寒づくり熟成ざるうどん 寒づくり熟成ざるうどん
寒づくり熟成ざるうどん
寒づくり熟成めん
極寒の山形の冬がつくる、夏の麺

寒さきびしい山形の冬、その1月から2月にしか 作れない季節限定商品。 寒さの中じっくりと熟成させた麺は、トロりとなめらかな中にもコシのある食感。茹で上げた時のツヤのある麺の輝きが食感をそそるのも、この寒づくり熟成めんの魅力。夏に冷やして食べるにはまさにうってつけの商品です。あつい夏、涼しいひと時を山形の熟成めんがお届けいたします。

  • 創業以来ずっと作りつづけています。
    製造が終了しキラキラ輝く
    低温熟成
    冬の室内は、低温であり大きな温度の変化が少ないです。これを利用して長時間熟成させる。二日目、十分に熟成が終わってようやく完了します。乾燥が終わった麺はキラキラと輝いています。冷していただけば一層「なめらかさ」を味わえます。
  • 創業以来ずっと作りつづけています。
    当社敷地内 白山様碑にて
    寒づくり熟成めんの製造をほぼ終える頃の春分の日。「一冬の無事製造終了への感謝」と「寒づくり熟成めんの販売開始」を祈願して、毎年行ってます白山様の春祭りです。ご祈祷頂いた寒づくり麺を皆様にお届け致します。
寒づくりがおいしいのは・・・

「やわらかくなめらかでトロっとした食感、それでいてコシがあり、口飽きのしない食べごたえ」そんな商品が作りたい。全国各地の有名なうどん、そうめんに負けない麺が作りたい。
5代目太郎兵衛がそう思い商品の開発を始めたのは平成13年の冬、熟成させる時間、方法、水分、様々な要素を調整しながら、何度も失敗を重ねました。
添加物や改良材に頼ることなく、知恵と時間を使い、ようやく完成したのは冬も終わるころ。その年はほんの少しの出荷しかできませんでしたが、皆様に大変好評をいただきました。そして年々寒づくりファンの方も増え、お中元シーズンには多くの注文をいただいております。 五代目、そして職人達の想いが詰まった商品です。

寒い山形の気候あっての寒づくり熟成めん。
環境の変化もあるのでしょうか、毎年同じ作り方では同じものにはなりません。
毎年1月には新しい商品を作る意気込みで、製造・製品チェックを行います。
そういった工程もあり、1月に作り始めても皆様にお届けできるのはおおよそ2月から。1月になると「寒づくりはもう出来ましたか?」と、たくさんの問い合わせを頂きます。
大変ありがたく申し訳ない話なのですが、そのお客様達をお待たせしてしまうのも毎年恒例となってしまいました。しかし皆様にご理解をいただき、そのお陰で毎年納得の商品をお送りいたしております。
今年も美味しくできました!皆様のご注文、心よりお待ちしております!

栄養成分表示 100g当り
エネルギー 345kcal
たんぱく質 9.3g
脂質 1.0g
炭水化物 74.8g
ナトリウム 1100mg
食塩相当量 2.8g

表示件数:1~7 / 7
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
2020年12月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
  • 定休日