そば処、山形の田舎風日本そば そば処、山形の田舎風日本そば
歴史とこだわり
麺づくり100年、創業100年
太郎兵衛そば本舗の歴史

 大正時代半ば、三代目皿谷太郎兵衛が 山形県寒河江市で、うどんの製麺業を始めました。
当時はうどんと冷むぎを主体に製造を行っていました。
後を引き継いだ四代目が、日本そばの乾麺製造を開始したのは昭和35年、
名前を冠した「太郎兵衛そば」を発売致しました。
 現在、五代目が先代の想いを継承し、麺づくり100年、
太郎兵衛そば発売より60年となりました。
日本全国のお客様に支えられ、感謝しながら、
日々、皆様に喜んで頂ける乾麺を、つくり続けて参ります。

麺づくり100年、創業100年
無添加へのこだわり

「素材の味を大切にしたい」「体にやさしい麺づくりがしたい」 との先代からの変わらぬ思いから、食品添加物は一切使用しておりません。
添加物に頼らず、そば本来の香り小麦粉の良質な食感を引き出し、商品とすることが安心で美味しい麺づくりと考え、創業当時と変わらぬ製法を守り、皆様のもとへお届けいたしております。

  • 金線太郎兵衛そば
    金線太郎兵衛そば
    太めの田舎風そば。口に広がるそばの香り、コシの強さだけではなく、その甘さ、旨みも味わっていただけるでしょう。太めの食感、香りと旨みはまさに田舎風です。
    1960年の発売以来、お客様からのご紹介、評判の声のみで全国に広がりました。太郎兵衛そば本舗の歴史ともいえる商品です。
    生そばを越える味と評されるこの蕎麦をぜひ一度、ご賞味ください。
  • ほそぎり太郎兵衛そば
    ほそぎり太郎兵衛そば
    「金線太郎兵衛そば」を食べていただいたお客様から、 細いそばは無いんですか?細めのそばも作ってほしいとの多くの声により、1993年より製造販売を開始しました。
    「金線太郎兵衛そば」と同じ昔からの製法、原料を守り、コシと香りを失わない様に、それでいて"スルスル"とした食感・のどごしを味わえる太さに仕上がりました。 「金線太郎兵衛そば」にも負けない人気の品です。
2021年10月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2021年11月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
  • 定休日